1. 代行ナビ
  2. 愛知県

愛知県のおすすめ運転代行業者

愛知県の運転代行事情COLUMN

愛知県における運転代行サービスの事情について簡単にまとめましたので、愛知県で運転代行サービスの利用を考えている方はぜひ参考にしてください。
愛知県はおおまかに分けると、尾張地域、東三河地域、西三河地域に分けることができます。
それぞれの地域を代表する都市は、尾張地域・名古屋市、東三河地域・豊橋市、西三河地域・豊田市となっています。
この中でも特に注目を浴びているのは県庁所在地でもある名古屋市です。名古屋市は日本の三大都市の一つとして挙げられ、中京経済圏の中心都市を担っています。
その他には、国産自動車メーカーとして有名なトヨタの本社がある豊田市などが知名度が高いです。
愛知県の名物といえば、「鳥の手羽先」、「味噌カツ」、「ひつまぶし」などが挙げられます。
これらのご当地料理は普通にお店で提供される他に、スナック菓子のフレーバーにもなっていますので、お土産にはちょっと高価なものでも、スナック菓子な気軽にプレゼントすることができますよね。
もちろん愛知県は食べ物だけでなく、様々な観光名所があることでも知られています。
金のしゃちほこで知られる「名古屋城」、リニア新幹線の開業を控えて脚光を浴びる「リニア鉄道館」、様々なイベントで多くの観光客を魅了する「名古屋港水族館」などがあります。
また、名古屋市内にはプロ野球チーム、「中日ドラゴンズ」の本拠地である「ナゴヤドーム」があるので、スポーツ観戦を楽しむことができます。
栄えている印象が高い愛知県ではありますが、運転代行サービスが盛んな県でもあるのが実情です。
交通網が発達しているのはあくまでも一部の地域のみで、郊外方面へ向かう終電はかなり早くなってしまいます。
愛知県で楽しくお酒を飲んだら飲酒運転をすることなく、運転代行を利用して安全に帰宅しましょう!

愛知県の運転代行体験談COLUMN

運転代行で遠出したら、私鉄+新幹線+タクシーより料金が安くなった

運転代行サービスを利用したことがあります。自分で運転できないという状況だったので利用しました。
当初は目的地まで私鉄+新幹線+タクシーの組み合わせで行こうと考えていましたが、目的地が山奥だったということもあって、料金面で高額になると考え、運転代行を呼ぶことにしました。
首都圏から中部地方まで片道150キロという距離でしたが、料金で計算すると、私鉄+新幹線+タクシーを利用するより安くなりました。
新幹線とタクシーを利用すると、5万円以上ということになってしまうところ、高速道路料金と合わせた総額で3万円台前半に抑えることができました。
高速道路ばかり乗り継いで行きましたので、かなり早く目的地に到着することができたと思います。
時間的には新幹線、タクシーを利用する場合より、さほど遅れない感がありました。
問題としては、カーナビを使って行ったのですが、運転代行の人は目的地を素通りしてしまったり、別の道に入ってしまったりということが時折ありました。
そうした点を差し引いても、利用する価値があったと思います。

雪の日に万全の準備。サービス満点の運転代行業者さん

普段から飲酒した後に運転代行業者を頼むことがありますが、あるとき思いもよらなかった代行サービスに恵まれました。
冬のある日、朝から寒く天気予報では雪が降るとの予報でした。その日は以前から飲み会の予定が入っていて、雪がチラつく中飲み会に参加した後、今までと同じように運転代行を呼びました。
依頼の電話の際、代行業者さんが「車にスタッドレスやチェーンの用意はしてありますか」と聞かれ、ノーマルタイヤのままだと回答しました。
積雪は少ないものの、路面が凍結しているとのことでノーマルタイヤでは断られるかもしれないと思いましたが、代行業者さんは依頼を引き受けてくれました。
代行業者さんが到着すると、「タイヤチェーンを準備してきたので装着しても良いか」との提案をされました。客の車用にチェーンまで持っているのかと思いましたが、以前から同じ運転代行業者を利用しており、私の乗っている車種を知っていたとのことで、幾つか準備しているチェーンの中でサイズが合うものがあったから用意したとのことでした。
雪の日に滑り止めを用意していないお客さんからの依頼の場合、断ることも少なくないとのことでしたが、思いがけないサービスのおかげで大変助かりました。
まさに顧客の安全を考えたサービスで、気配りのある運転代行業者さんだと感心しました。