1. 代行ナビ
  2. 長野県

長野県のおすすめ運転代行業者

長野県の運転代行事情COLUMN

長野県の運転代行サービスについてまとめてみましたので、長野県で運転代行サービスの利用を考えている方はぜひ参考にしてください。
長野県はおおまかに分けると、北信地域、中信地域、東信地域、南信地域に分けることができます。
それぞれの地域を代表する都市は、北信地域・長野市、中信地域・松本市、東信地域・上田市、南信地域・飯田市となっています。
特に注目を浴びているのは県庁所在地である長野市です。2015年には善光寺のご開帳と、北陸新幹線の開業が重なり、多くの観光客が長野市を訪れました。
長野県の名物というと、「りんご」「戸隠そば」「おやき」などが挙げられます。
特にりんごは北信地域で広く栽培され、そのまま出荷されることもあれば、りんごを原材料とした様々なお菓子が生産されます。
また、長野県は食虫文化が残る県として知られ、「はちのこ」や「いなご」を佃煮にして食べる事もあるようです。
見た目にはちょっと驚いてしまいますが、珍味が好きな方にとってはたまらないですね。
食文化だけでなく、観光地も数多くあるのが長野県です。
2015年にご開帳を迎えた「善光寺」、その見た目から烏城の異名を取る「松本城」、全国の諏訪神社の総本山である「諏訪大社」などの歴史的な観光地や、白馬などのスキーリゾートなどがあり、1年を通して楽しむことができます。
そんな長野県では運転代行サービスが盛んで、週末が近づくと多くの運転代行サービス業者の車が町を行き交っています。
長野県は大都市と比較すると、そこまで交通網が発達しておらず、遅い時間帯まで飲み会に参加するには車で移動しなければいけないという事情があるため、運転代行サービスの利用が活発なのです。
長野県で楽しく飲んだら飲酒運転をすることなく、運転代行業者を利用して安全に帰宅しましょう!

長野県の運転代行体験談COLUMN

楽しかった運転代行

会社の飲み会の帰りに社長が、車通勤の私の為に運転代行を頼んで下さいました。私にとっては生涯初めての運転代行です。正直不安はありました。
でもお酒でハイになっている身。お喋りしたい欲求はあったのでしょう。
代行業者の方が一旦話し掛けて下さると、その後会話は途切れることがありませんでした。
業者の方は、私の話に合わせて下さり、またご自身も話題が豊富でした。
30分余りの行程でしたが、自宅の近くに来ると「え〜、もう着いちゃったの?」と思わず口を衝いて出てしまいました。
お喋りが楽しくて時間も忘れる程でした。
「初めての運転代行でしたけど、とっても楽しかったです」とお礼を言うと、
「そう仰って頂けると私も嬉しい。お客様を退屈させないようにすることも私たちの務めなので」と笑っておられました。
もちろん、静かであることを求めるお客様には要望通りの態度で接するとのことでした。
話題が豊富であることは、時事に精通する為に勉強も厭わないであろうし、お話しながらもお客や車を無事に送り届ける為の注意力を持続させなければなりません。
「プロだなぁ」と感心してしまいました。
ちょっと使いづらいと感じていた運転代行。あの時の業者さんのお蔭で、運転代行の印象がガラッと変わったのでした。

予想外の出張延期で代行に車だけもっていっていただきました

呑んだときの代行というイメージが多いですが、私はよくのまないときにも利用します。
もよりの駅前に二日間無料の駐車場があります、私は出張のときはここに止めて電車でいくことが多いのですが、たまに期間を延長せざるをえない時には車だけ代行業者に頼んでもっていっていただいてます。
まず、家族に代行業者に鍵をわたしていただきます。これはたまたまですが、代行会社が近所なので家まで取りに来ていただけるので駐車場とナンバーも伝えます。そうすると、代行業者が駐車場までとりにいき、うちまでもってきてくれます。そして、家族に支払いをお願いする、といった次第です。
大体二日間以降の駐車料金は1日2000円前後なので二日三日おいておくなら代行代金+タクシー代金をあわせるより駐車場代金が高くなってしまいます。また帰り際に飲んでしまうと、どちらにせよ代行を使わなければなりません。 
その点、先に車だけ帰しておけば気軽ですし車荒らしの心配もありません。決して格安なわけではありませんがうまく代行を使えば安くあげられます。