1. 代行ナビ
  2. 長崎県

長崎県のおすすめ運転代行業者

長崎県の運転代行事情COLUMN

長崎県の運転代行事情をまとめてみましたので、長崎県で運転代行を呼ばれる際は、是非参考にされてください。

長崎県は大きく分けると、長崎市、佐世保市、大村市、諫早市に分けられます。中でも長崎市と佐世保市は人口も多いので特に運転代行を利用される人が多いです。
また、長崎県は他の都道府県と比べて、五島、壱岐、対馬など離島の数が多く、離島の夜は公共の交通機関が稼働していないため、飲みに行く際は必ず、送迎が必要になります。その際、運転代行を利用される方も多いようです。

長崎県といえば、「中華料理」「ちゃんぽん」「皿うどん」などが有名で、そのほとんどが長崎市発祥の名物となります。
その他の市町村にもいろいろ名物がありますが、最近有名になったものが、佐世保市に約20件の専門店がある「佐世保バーガー」です。
普通のハンバーガーよりも一回り大きく、野菜がたっぷりとサンドされたハンバーガーです。佐世保に行った際は、ぜひ、食べてみてください。
長崎土産としては「カステラ」や「びわ」などが有名です。

有名な観光地も多い長崎県はたくさんの観光客が訪れます。
その中でも若者に人気の観光地が、「ハウステンボス」です。
佐世保市にあるアミューズメントパークです。今では、九州外からもハウステンボス目当てに来られる方も多いようです。
豆知識ですが、住所に「ハウステンボス町」という地名があるほどです。また、離島も有名な観光地になっており、五島や壱岐は代表です。

長崎県で運転代行を利用する際の注意点ですが、人口が多い地域は、夜遅くまで営業をしている運転代行会社が多いので問題ないのですが、離島や田舎の方では、遅くまで営業していないところも多いので飲みに行く前に一度営業時間を確認してから出かけられるのが良いかと思います。

長崎県の運転代行体験談COLUMN

私が運転代行を利用したときの話

以前、週3日程度飲みにでかけていた私。
自分の車で居酒屋に向かう時には当たり前ですが必ず利用させていただいてました。
飲んでからの利用なので調子に乗って代行さんに話しかけたりするとよくしゃべる人は降りるまでしゃべるおじさん、話しかけても無口な若者がいますが・・

ある時代行さんを呼んだ時に、年配のおじさんが私は過去歌手になりたかったんだと言いながら一曲歌ってくださいって冗談で言ったら本当に歌いだし、二次会にカラオケを予定していて現地に着いたら自分も参加したそうな顔をされた事もありました。
もちろんその場でお帰りいただきましたけど。(笑)
あまりしゃべりすぎると面倒だなとちょっと思いました。呼びやすい時間帯については平日の早い時間ですが、飲みすぎ防止する為に飲み始めて2時間たった時に代行さんの予約をするようにしてました。
あと、よく利用する代行さんに覚えてもらうと融通してもらえるメリットはあると思います。

なんでここまで違うのか

私はよく代行を利用するんですが、業者によって本当に値段が違うなぁと思います。
いつも利用している代行屋さんはいつも飲みに行く飲み屋街から私の家まで1000円で行きます。
その代行屋さんが私の中では最安なのですが大体ほかの業者なんかも利用すると1000円から1400円まで開きがあります。
でも週末は代行がなかなか捕まりません。だからしょうがないからいつも利用している代行さんではなくとりあえず捕まる代行に乗ります。
私の場合は「ここまで行ってください」とかじゃなくこういう風な道順で行ってください的に私がナビして行ってもらっています。
多分代行料金は距離に応じて出してもらってるんだと思うんです。でもどこの代行をつかっても毎回同じ道順で行ってもらうんですが400円くらい開きが出てしまうのです。
週末とか代行を待っていると平気で一時間とか待たせられるので捕まるだけいいかと思ってはいるのですが、400円ってタバコを一箱変えますもんね。
しかしなんでそこまで開いちゃうんでしょうか。どこも一律になってくれればいいのに。