1. 代行ナビ
  2. 福島県

福島県のおすすめ運転代行業者

福島県の運転代行事情COLUMN

福島県は新幹線の駅がある福島市と郡山市、そして海沿いのいわき市を中心として発展してきました。
県庁所在地は福島市ですが、経済の中心は関東に近いこともあり郡山市という声を聞くこともあります。
郡山市は福島県を代表する磐梯山や猪苗代湖へのアクセスが便利です。
日本百名山のひとつである磐梯山の山頂へ登り、眼下に猪苗代湖を眺めるというのは福島の自然を堪能する一番贅沢な方法ではないかと思います。
またこの会津地方は喜多方ラーメン、馬刺しでも有名です。
馬刺しを肴にビールを一杯なんて大人の楽しみ方もいいですね。
最近ではB1グランプリで浪江焼きそばがグランプリを受賞しました。こちらもビールに合いそうな料理ですね。
そんな福島のグルメが味わえる福島一の繁華街と言えば駅前から代官小路、中町へと続く通りです。
駅からも近いため、観光だけでなく出張で訪れるサラリーマンも多くいます。、地元の人はというと車で飲みにでることが多いようです。
関東に近いと言ってもそこはやはり地方都市、車がなければ不便を感じる車社会ですから、仕事後の一杯となれば当然車で行くことが多くなるようです。
そうなれば運転代行を利用して帰るしかありません。そのため、夜の街が賑やかになると運転代行も多く目につくようになります。
福島の運転代行の初乗り料金は2,000円前後です。
他の東北六県に比べれば少し高い設定になっています。関東に一番近いためでしょうか。
初乗りは2㎞でその後は1㎞ごとに300~400円という料金体系の業者が多いようです。
飲んだ後のシメは喜多方ラーメン、そして運転代行を呼んで楽しい夜を締めくくるというのが良いのではないでしょうか。
間違っても飲酒運転などせぬようご注意ください。

福島県の運転代行体験談COLUMN

自分の車でのひと時

運転代行を呼んで助かりました。普段車通勤ですが、事前に飲み会の予定がある時には電車を利用しています。
それが急遽取引先の社長から飲みのお誘いが。当然のように断われません。
流石に飲酒運転はできないため、運転代行へ連絡し待つこと一時間。なかなか来ません。
さすがに週末なので混んでるとは予測していましたがここまで待つとは。
さらに15分経過しやっと到着です。

あまり見たことのないかわいい軽自動車でやってきました。しかしど派手な車です。
乗りたくないなあ。と思っていましたが、私は自分の車の後部座席へ座りました。
この席に座るのは始めてだったため、新鮮な感覚でした。
あまり飲んでなかったため、酔いもなく運転手さんと暇つぶしの会話を楽しみました。
なんと運転手さんは普段は普通の会社で経理をしているとのことです。
あくでもこの仕事は副業でやってると。タクシー運転手さんと同じようなプロドライバーだと思っていましたが、どこも人手不足だそうでこのような人は多いみたいです。
私も運転に自信があればやってみたいと頭をよぎりましたが、キャディラックやハマーの依頼もあるとのことで私には無理だとさとりました。

お正月は大忙し!

私の地元は福島県でもとくに雪深い町。出かけるのに車は欠かせません。
飲みに行った時に運転代行を利用する方は多いです。とはいえ、お金がかかることなので、お酒を我慢して、自家用車でお店に行くこともしばしば。
けれども、お正月だけは別。都会から帰省した友達と久々に会うのにお酒を我慢するなんて、もったいない!
そんなときは奮発して運転代行を利用します。ここで気をつけなければならないのは、運転代行の予約を数日以上前に取っておくこと。
都会の忘年会シーズンに終電を逃した時、空車なんて1台もないタクシー乗り場に長蛇の列ができていますよね?あれの田舎版です。
閉店した店の前で代行運転が来るまで震えながら待つはめになるのです。田舎なので、代行運転で稼働中の車の台数も限りがあります。
もう運転代行の取り合い、業者さんはモテモテです。私が今年のお正月に利用したときはカラオケのオールナイト終了後午前5時に来てもらえるよう1か月前に予約しておきました。
午前5時なら予約なんて必要なかったかもと思っていましたが、業者さんは空き時間全くなしのフル稼働だったそうで、予約しておいて大正解。
凍えずに済んで、運転代行様様でした!