1. 代行ナビ
  2. 宮城県
  3. 仙台市

仙台市エリアの運転代行一覧(おすすめ順)

仙台市の運転代行料金の目安

仙台市の基本料金(目安)

初乗り料金 3Kmまで、2,000円
追加料金 1Kmごと、200円

距離による料金

2Kmまで 2,000円
5Kmまで 2,400円
7Kmまで 2,800円
10Kmまで 3,400円
15Kmまで 4,400円
20Kmまで 5,400円
25Kmまで 6,400円

繁華街からの目安料金

※高速道路を利用する場合、別途料金がかかる場合がございます。予めご確認くださいませ。
国分町から仙台駅東までの代行料金 2,000円 (約3.0km)
国分町から長町駅までの代行料金 2,600円 (約5.5km)
国分町から泉中央駅までの代行料金 3,000円 (約8.0km)
国分町から荒井駅までの代行料金 3,400円 (約10.0km)
国分町から錦ケ丘までの代行料金 3,800円 (約12.0km)

仙台市の交通安全運動と運転代行事情

12月1日~12月31日は年末の交通事故防止運動実施期間でした。
参照:仙台市交通安全市民運動より。

お酒を飲む機会が増える年末は特に飲酒運転が増えてきます。
運転代行が捕まらないから、タクシーだと車を置いて帰宅しなければならないから、と身勝手な理由が多くなります。
仙台市では年末の交通事故防止運動実施期間中や、期間後も含めて飲酒運転や一般的な交通事故などが度々ニュースで報道されており、一人一人の意識をもう少し高める必要がありそうです。

下記に記載のある通り、宮城県の運転代行業社数は全国的に見ても多いです。
さらに仙台市だけで見ると91社も活動しています。
事前予約などのサービスを利用したり、運転代行代も飲み会の必要経費として用意するなどの対策をお願いいたします。
運転代行サービスはお酒を飲んだ時だけでなく、体調が悪かったり、何らかの理由で運転が困難な時にも依頼することができます。
あなたの身を守るためにも事故を起こす前に運転代行業者様を利用するようにしましょう。

仙台市の運転代行コラム

仙台市の特徴と運転代行事情

仙台市とは、宮城県の中央に位置し、東北地方で唯一の政令指定都市です。
「東北地方における経済、行政の中枢都市」として発展をし、現在では人口109万人を超えています。
大都市でありながら海も山もあり都会と田舎のバランスが取れた「杜の都」です。

人が多く行き交う仙台市、今日は仙台市の運転代行サービス事情をお伝えします。

宮城県で活動されている運転代行業者数は、12月1日現在の情報で250社ほどとなっています。
全国で見ても業者数が200件を超えている県は14県となっているので、多いことはお分かりいただけるかと思います。

参照:認定自動車運転代行業者一覧

運転代行業者様は、飲酒運転撲滅を目標に日々活動しているかと思いますが、仙台市では飲酒運転が後を断ちません。
令和5年の最新データによると、仙台市青葉区と太白区でワーストとなっています。
自宅で飲酒した後に車の運転をして事故を起こしている割合が高いそうです。

参照:飲酒運転事故【車両の運転者が飲酒運転をして第1当事者になった(起こした)事故】

運転代行は、居酒屋でお酒を飲んだ時だけだと思っていませんか?
帰りに利用するというイメージが強いかと思いますが、今からどこか目的を持って出かけることになった時にも利用できます。
夜から翌朝の4時、5時まで営業している運転代行業者様も多くいますし、数は減りますがお昼に営業している運転代行業者様もいます。

仙台市にはたくさんの運転代行業者様がいますし、代行ナビにも多くの業者様が掲載されています。
急な利用にも対応できるように、クレジットカードや、キャッシュレスが利用できる運転代行業者様もいますので、手持ちがない時でも安心です。
仙台市周辺でお酒を飲み、運転ができなくなった時は、代行ナビを活用してぜひお近くの運転代行業者様を呼んでみてくださいね。

代行ナビアプリ

代行ナビをもっと手軽に