1. 代行ナビ
  2. 山形県

山形県のおすすめ運転代行業者

山形県の運転代行事情COLUMN

山形県は日本海側の鶴岡市と酒田市を中心とした地域と内陸の山形市と米沢市を中心とした地域に分かれます。
山形で有名な観光名所と言えば蔵王を思い浮かべる人も多いでしょう。大自然に囲まれてのスキーは爽快感があります。
自然が作る造形美としての樹氷群も一見の価値があります。そして冷えた体を温めてくれる温泉も忘れてはいけません。
自然を楽しむには絶好のスポットと言ってもよいでしょう。また秋に行われる芋煮会も全国的に知られるようになりました。
川辺に仲間と集まり、大きな鍋で行う芋煮会は山形の秋の風物詩とも言えるでしょう。
そんな山形を代表するグルメと言えばやはり米沢牛と米沢ラーメンです。
山形一の繁華街である七日町(なぬかまち)でその味を楽しむことができます。
ビール片手に米沢牛、そしてシメにはさっぱりした米沢ラーメンと山形グルメを楽しむ夜なんてのもいいですね。
七日町は駅から徒歩15分くらいと離れたところにあります。ですから多くの人が車で飲みに出るようです。
通勤に車を利用している人も多いため退社後飲みに行くとなればやはり車でということにもなります。
そうなると活躍してくれるのが運転代行です。
山形の運転代行の初乗り料金は1,000円程度と良心的な値段です。
そしてあるサイトによれば、20㎞でも3,000円台の業者があるようです。
この価格には驚いてしまいますね。運転代行は安心安全が第一ですからその点に問題なければこの価格はまさに市民の味方と言えますね。
しかし我々は何よりも安心安全を運転代行に求めています。
小銭をケチったり飲酒運転をしたりして、取り返しのつかないことにを起こさぬよう飲んだ後は安心安全な運転代行を利用して帰りましょう。

山形県の運転代行体験談COLUMN

初めて代行業者にお願いしました

会社で働いている時に、代行を利用したことがあります。
職場の飲み会があって、私は普段は飲まないのですが、上司に半ば強引に飲むように言われ、断われずに少し飲んでしまいました。
その時私は車で来ていたので、代行を呼ぶことになってしまいました。
私は、代行を呼ぶことになったのはその時が初めてです。
知り合いで代行を呼んだという話は何度も聞いていましたが、私は呼ぶ機会はないだろうと思っていたので、どんなものだろうかと少しワクワクしてしまいました。
私は代行業者を知らなかったので、一緒にいた同僚が電話をして呼んでくれました。時間は夜の9時すぎくらいでした。
電話をするとすぐに来てくれました。軽自動車の車1台に2人乗っていました。1人が私の車を運転してくれます。
車の鍵を渡して駐車場を教えると車を持ってきてくれました。私は、自分の車の助手席に乗って自分の家の住所を知らせました。
飲み会があった場所から家までは車で10分くらいの距離でした。車内で、代行業者に頼む人はどんな人が多いのかなど、雑談をしました。
代行を頼む人は最近では減ってきているそうです。安いホテルなどが増えたので、飲んでしまったらそこに泊まって朝帰った方が安く済む事などが理由だそうです。
また、飲酒運転の事故が相次いだことにより、居酒屋でドライバーにはお酒を出さないという姿勢が強くなり、飲む人が減っているということがあるそうです。
それでも、ホテルなどがない田舎では代行はとても便利です。

運転代行ならではの会話

お酒を飲む機会が多い私は、よく運転代行を利用しています。
家に帰る時間には公共機関は動いていないし、タクシーを利用するよりも安上がりなのです。
私が乗っていた車はメジャーな車種ではありましたが、年式が古く、車の調子が悪いように感じていたのですが、これといった故障ではなく走行できたので、その日も車で居酒屋へ向かい、運転代行業者を利用していました。
助手席で自宅まで道案内をしながら、ふと運転手のおじさんに「この車、エンジン音がおかしいですか?」と聞いてみると、「この車種はよく乗るけど、エンジン音はまだ全然問題ないよ」と答えをいただきました。
さらに、自分では気付かなかったハンドルの微妙な歪みなどを指摘され、家までの帰り道はいろいろな車の癖や豆知識を聞かせてもらい、有意義な時間に感じました。様々な車種の車に乗ってきた経験者の話はなかなか興味深いものでした。
専門家ではないとはいえ、経験豊富な第三者の意見はとても役に立ちました。利用した際には、代行業者さんならではの会話をしてみるのも楽しいかもしれません。