1. 代行ナビ
  2. 三重県

三重県のおすすめ運転代行業者

三重県の運転代行事情COLUMN

三重県の運転代行事情をまとめてみましたので、三重県で運転代行を呼ばれる際は、是非参考にされてください。

三重県は関西地方に区分されることも多いですが、東海地方と記載されることもあります。
三重県は関西地方の奈良県、和歌山県、滋賀県、京都府とも隣接していますが、関係性が強いのは愛知県です。
三重県の県庁所在地は津市ですが、人口的には愛知県に近い四日市市が上回っています。
津市や四日市市など比較的愛知県に近いところに住んでいる方は、休日などは愛知県に出かけることが多いです。

三重県の名物料理は、さんま寿司やとんてきなどがあります。
さんま寿司は祝い事などを行うときに振る舞われる料理ですので、三重県の郷土料理としてはとても大切なものです。
とんてきは四日市市のB級グルメで有名で、分厚い豚肉を濃い目のタレとにんにくで炒めたものです。
その他にも、伊勢志摩地方の伊勢うどんやてこね寿司などもあります。

三重県の観光スポットは、何と言っても伊勢神宮でしょう。
伊勢神宮はパワースポットとして知られており、全国から数多くの観光客が集まります。
長島温泉や湯の山温泉などの温泉地もたくさんあります。

三重県の運転代行事情は、三重県から愛知県に帰る、または愛知県から三重県に帰る利用が多く見られます。
運転代行の観点から見ても、三重県は愛知県と密接な関係にあります。
また、伊勢志摩地方はたくさんの観光地がありますが、公共交通機関が便利に活用できるとは言い切れません。
こちらの観光地でも、運転代行を利用して宿泊施設に帰る方も多いです。

三重県は、愛知県との繋がりが深い北部と観光地として有名な南部に分かれていますので、どちらでもお酒を飲んだ際は運転代行を利用しましょう!

三重県の運転代行体験談COLUMN

週末の代行

私の街では(まぁどこでもでそうなんでしょうが)週末はまぁ代行が捕まりません。
その中でもpm10:00からam1:00 までは本当に魔の時間帯です。
電話しても繋がらないとか、繋がっても一時間、二時間待ちは当たり前です。
結局捕まらないから代行待ちでまた飲み始めます。
この街には代行乗り場的なスポットがあるんですが、電話で呼ぶよりはそこに直接行って代行待ちをした方が手っ取り早いので私はとりあえずそこに向かいます。
運がいいときはすぐにキャッチすることができます。でもそれは本当に運がいいときだけです。
大体は5分くらい待って、捕まらないからまたどっか近くの居酒屋で代行待ちします。
捕まらなければ捕まらないほど酒代が重なっていきますね。酷いときなんてam3:00過ぎくらいまで捕まらない時があります。もうそうなったら車中泊になってしまう勢いです。
平日の夜は街全体が閑古鳥が鳴いている状況なのでなかなか代行やさん自体、車を増やすのは難しいだろうと思うのですが、もう少し週末のこの状況を改善してもらいたいものです。

いきなりの飲み会にも対応してくれる運転代行!

スポーツクラブに所属していて終わった後にいきなり飲み会などといった事が一度だけありました。
車で来ていたのでどうしようか迷ったですが、知り合いが運転代行を提案してくれた事から飲み会に参加する事にしました。
飲み会が終わる少し前に予約しておくと終わる頃に丁度きてくれます。車に二人乗っていてその一人が私の車を運転してくれるのです。
私は初めて依頼したので心配でいしたが、知り合いの人がよく依頼する会社でもあったので安心感もありました。
料金も普通のタクシーよりも少し高いくらいでさほど気にならないくらいの料金でした。
時間帯が夜の23時ぐらいだったので一番利用する人が多い事から早めに予約をしておいて良かったです。
特に金曜日という事もあり、利用する人が多いとの事でした。
代行業者の方は利用する時間帯も曜日によって混む時間帯が違うので、先に予約しておく方がスムーズに来れるという事でした。
そして出来るだけ同じ人にお願いする方が良いとの事でした。