1. 代行ナビ
  2. 高知県

高知県のおすすめ運転代行業者

高知県の運転代行事情COLUMN

高知県の運転代行事情をまとめてみましたので、高知県で運転代行を呼ばれる際は、是非参考にされてください。

高知県は平野が多いイメージですが、その実は四国山地が非常に多く県の面積のほとんどを占めており、山間部が非常に多いのが特徴です。
県の面積の90%弱が産地ですので、この数値からも山間部が多いことが分かります。
県の主要な自治体は山間部が少ない海側にあります。
高知市は、人口30万人を超える高知県で最も大きな都市です。

高知県の名産品といえばかつおをイメージされる方が多いのではないでしょうか。
かつお節やかつおのたたきが有名で、様々なかつお料理を楽しむことができます。
中にはかつおたたきバーガーといったような、非常に珍しい料理もあります。
土佐藩の坂本龍馬が有名で、坂本龍馬とコラボしたお菓子なども人気があります。

観光にも坂本龍馬とコラボすることが多く、坂本龍馬をテーマにした施設や旅行プランが数多くあります。
リョーマの休日では、高知のグルメやイベントを楽しむことができます。
高知県の西にある四万十川は清流として知られており、観光で訪れる方もいらっしゃいます。

運転代行は、人口が集中している高知市で利用される方が多いです。
高知市には、焼酎などお酒を飲める場所が多いので、そちらで食事や飲酒を楽しんでから運転代行で帰宅するようです。
山間部が多いので公共交通機関の利用が不便になり、車での移動に比重が多くなる高知県は、運転代行を利用する機会も多い傾向にあります。
ほとんどが高知市での利用となっていますが、南国市や四万十市にも飲酒を楽しめる飲食店がありますので、運転代行を利用する方がいらっしゃいます。

高知県の美味しいグルメとお酒を楽しんだ後は、必ず運転代行を利用して帰宅しましょう!

高知県の運転代行体験談COLUMN

サーキットを走るような名前の運転代行屋さん

昔からお酒を飲んで車を運転することは法律に反することではありましたが、道路交通法が改正され、飲酒運転の罰則が強化され、飲酒運転をして警察に捕まったら一発で免許取り消しとなった現在、飲んだら必ず運転代行業社を呼ぶことにしています。
私の住んでいる地域の飲み屋さんのレジに広い範囲で置かれている代行屋さんは、その社名も早そうなのですが、キャッチコピーにも「早くて安心」と書かれており、何気に多く利用しています。
飲み終わるころを見計らって、あと一杯飲んだらちょうど来るように連絡するのですが、その代行屋さんが、その社名やキャッチコピーにあるように、早く来たためしはありません。
大抵、飲み屋さんに代行を呼んでもらってから、2杯くらいは飲むことになってしまい、酔っぱらって代行を呼んだことも忘れもう一杯を頼もうかという頃に代行屋さんはきます。
サーキットを走る車の名称を社名に使っているのにいつも来るのが遅いというのが評判の代行屋さんです。

運転代行を初めて利用した話

私は以前、車がないとどこへも移動できないような地域に住んでいました。
当然会社で飲み会があると帰りに運転代行を呼ぶことになります。
それまでは同僚の車に一緒に乗せてもらったのですが、自分の車のために代行を呼ぶのは初めてでした。
代行は呼んでから10分ほどできました。
小さな代行の車におじさんが二人乗っており、一人は私の車を運転し、もう一人は乗ってきた車を運転して後までついてくるシステムです。
運転の代行はタクシーのようなものかなと思ったのですが、自分の車を他人が運転するわけですし、道案内で自分も助手席に座るので何だか妙な感じでした。
後ろの車にもう一人いるので怖いというわけではありませんでしたが、親しくなるのも何か違う気がして道案内以外のことは話しませんでした。
無事に家に着いて料金もタクシーで帰る1.5倍もいかないほどだったので、料金的には良心的だと感じました。
それでも自分の車を他人が運転することと、乗っている間の気まずい雰囲気が苦手だったのでできるだけ利用したくないと感じました。