1. 代行ナビ
  2. 茨城県

茨城県のおすすめ運転代行業者

茨城県の運転代行事情COLUMN

茨城県における運転代行サービスの事情についてまとめてみましたので、茨城県で運転代行を利用しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

茨城県はおおまかに分けると、県北地域、県央地域、鹿行地域、県南地域、県西地域の区分となります。
それぞれの地域の代表的な都市は、県北地域・日立市、県央地域・水戸市、鹿行地域・鹿嶋市、県南地域・つくば市、県西地域・古河市となっています。
この中でも特に注目されているのは、日本でも有数の学研都市として知られるつくば市です。
同市には筑波大学とその関連施設が位置し、様々な研究が日夜行われています。また、つくばエクスプレスにより秋葉原駅と同市に位置するつくば駅が結ばれています。
茨城県の名物といえば、「水戸納豆」「あんこう鍋」が挙げられます。特に納豆といえば全国各地に輸出されているので、その存在をよく知っているという方は多いでしょう。
全国的ではないものの、「那珂湊焼きそば」「行方バーガー」などのB級グルメも大変人気が高いです。
食だけでなく、観光もじっくりと楽しめるのが茨城県です。
岡山の後楽園、金沢の兼六園と並んで日本三名園の一つとして数えられる「偕楽園」、約200haの園内に美しい花々が咲き誇り、様々なアトラクションも楽しむことができる「国営ひたち海浜公園」、地上60メートルのタワーでできたてのビールを試飲できる「アサヒビール茨城工場」などがあります。
もちろんこの他にも様々な観光スポットがあるので、どこに足を運んでいいか迷ってしまいそうですね。
茨城県は運転代行サービスが盛んに利用されています。茨城県は関東地域に属しているものの、大都市と比較すると交通網が整備されているとは言いがたい状況です。
茨城県で美味しいお酒を楽しんだら決して飲酒運転をすること無く、運転代行を利用し、安全に帰宅しましょう!

茨城県の運転代行体験談COLUMN

外車のマニュアル車で代行利用する時のコツ

私は以前、マニュアルのミニクーパーとフィアット(スポーツタイプ)を運転していました。
大切に乗っていた車なので、運転が上手な人以外あまり他人が車を運転する機会はありませんでしたのでなるべく車を置いて出かけるようにしてはいたものの、外食先で急にお酒を飲む事になってしまった際には代行業者を頼む事がありました。
そんな際、代行業者を呼ぶにはちょっとしたコツがあります。まず車種とマニュアルだという旨を伝えるという事、今はオートマ車がほとんどなので代行の運転手さんがマニュアルが運転できたとしてもあまり上手でない場合があります・・・
電話口で特徴のある車であることを伝えておけばマニュアル車の運転が得意な運転手さんが来てくれる事が多くなります。
また、車種によってはライトのボタンの位置がちょっと特殊であったり、車のエンジンをかける際に気を付けて欲しい事など代行業者さんにしっかりと伝える事で安心して代行業者を利用することができます。

急な飲み会の帰りに運転代行を利用してみました

車で移動中に、急に友達から飲み会に誘われました。
仲良しの友達が数名いて良かったら一緒に飲まないかとのことでした。
久し振りに会う友達もいたので、顔を出しました。
車移動でしたのでアルコールは飲むつもりはなかったのですが、楽しくなって勢いでつい飲んでしまいました。駐車料金を多く払うのはイヤだした。ですので帰りは電車でなく、車で帰りたかったので運転代行を使うことにしました。
利用が初めてなのでよく分からなかったのですが、ネットで調べてすぐヒットしました業者さんに電話をしたら、駐車場までスタッフの方が来て下さいました。現場に来て下さりとても親切なサービスだと感じました。
スタッフの方が運転席に乗り、本当に自宅まで私を運んでくれました。便利なサービスだなと感じました。
あまり使う機会が無いですが、また車移動中に飲みに誘われたら、利用してみようと思います。
やっぱり一晩車の中や、カプセルホテルを使う位なら運転代行を利用して早く家に帰った方が楽だなと思いました。