1. 代行ナビ
  2. 茨城県
  3. 古河市

古河市エリアの運転代行一覧(おすすめ順)

古河市の運転代行料金の目安

古河市の基本料金(目安)

初乗り料金 1Kmまで、1,500円
追加料金 1Kmごと、300円

距離による料金

2Kmまで 1,800円
5Kmまで 2,700円
7Kmまで 3,300円
10Kmまで 4,200円
15Kmまで 5,700円
20Kmまで 7,200円
25Kmまで 8,700円

繁華街からの目安料金

※高速道路を利用する場合、別途料金がかかる場合がございます。予めご確認くださいませ。
古河駅からイオン古河店までの代行料金 1,800円 (約1.5km)
古河駅から天神池公園までの代行料金 4,500円 (約10.5km)
古河駅から小山総合公園までの代行料金 6,300円 (約17.0km)
古河駅からネーブルパークの代行料金 3,000円 (約6.0km)
古河駅からイオンスタイル南栗橋の代行料金 4,800円 (約12.0km)

古河市の運転代行コラム

運転代行は費用面でも利用するメリットがある

古河市は関東平野のほぼ中央に位置し、人口は約14万人。南部には日本三大河川のひとつ「利根川」が流れています。
東京やさいたま市と50~60kmほどの位置で、電車で東京に行く際には約1時間程度。
上野東京ラインを利用すれば上野や東京まで乗り換えなしで行くことができます。
このように郊外ではありますが車が必須な地域ではありません。

おすすめ観光スポット

・ネーブルパーク
・古河公方公園(古河総合公園)
・道の駅 まくらがの里こが
・古河市三和ふるさとの森etc.

飲酒運転の実情

飲酒運転はしないのが一番です。
ですが傷ましい事故は少しの気の緩みから起きてしまします。
参照:FNNプライムオンラインより。
茨城県では公安委員会の認可を受けて活動している代行業社が299社!全国的にもとても多くいらっしゃいます。
古河市でも10社営業されているので、お酒を飲んだ際は利用してみてくださいね。

古河市の運転代行利用者コラム


運転代行は費用面から見ても、利用するメリットがある

古河市まで車で来たけど、お酒を飲むことになった・・、こんな経験のある人は多いと思います。
運転代行というのが、頭に浮かびますが、料金やサービスのシステムを知らないと利用しづらい面もあります。
それに運転代行は「料金が高そう・・」というイメージもあると思います。

確かに、タクシーなら運転者は1人であるのに対して、運転代行だと運転者を送迎するための人員も必要です。
ところが、実は、運転代行の方がタクシーより高いとは必ずしも言えないのです。
運転代行の方はタクシーのように一律の料金体系というものがありません。
業者によってまちまちのケースがほとんどです。
そのため、コスト低減の努力をしている業者などでは、意外に安い料金で利用できる場合があります。
まず、コストの比較をみてみましょう。

運転代行を利用すれば、その料金だけですみますが、車を現地に置いてタクシーで帰った場合には、翌日までの駐車料金、翌朝車を取りに来るための交通費(タクシーまたは電車)が必要ですから、こういうのも含めて比較する必要があります。
さらに料金そのものも必ずしも運転代行の方がタクシーより高いとは限りません。
一般に基本料金だけ比べれば、どうしても運転代行の方が高くなります。

ところがその後の追加料金を比べると、距離当たりでほとんど変わらなかったり、場合によっては運転代行の方が安い場合もあります。
結果的に、運転代行では遠距離の方が割安になり、メリットが大きいといえます。
また、運転代行サービスの相場は地域によっても違いますので、具体的に自分の住んでいる地域で比較してみるのもいいでしょう。
さらに業者によっても相違があって、中には料金にあまり透明性のない業者もいるので注意が必要です。
上手に利用するには、普段から信頼できる業者に情報を得ておいて、いざとなって慌てて探さないことが大切です。
運転代行は、利便性も高くメリットが大きいので、費用でも納得できるように上手に利用したいものです。

古河市の他エリアを検索

代行ナビアプリ

代行ナビをもっと手軽に