1. 代行ナビ
  2. 広島県

広島県のおすすめ運転代行業者

広島県の運転代行事情COLUMN

広島県の運転代行事情をまとめてみましたので、広島県で運転代行を呼ばれる際は、是非参考にされてください。

広島県は、名実ともに中国地方を代表する都道府県です。
人口も300万人弱もあり、自治体の広島市だけで見ても人口が100万人を超える中国地方で最も大きな都市です。
広島市だけではなく、瀬戸内海の島々も含める呉市、人口が20万人弱ある東広島市などもあり都市圏としてはかなりの大きさになります。
県内の東端にある福山市も、人口が50万人弱あり非常に大きな自治体です。広島県にも中国山地がありますので、瀬戸内海側が発達しています。

広島には名物もたくさんあり、宮城県の牡蠣も夢居ですが、瀬戸内海の自然で生まれた広島の牡蠣も有名です。
広島県の県民食と言えるのが広島焼きです。お好み焼きと違ってパリパリとした食感で、関西地方のお好み焼きとは全く違います。
B級グルメから美味しい海産物まで、様々な名物や名産品があります。

厳島神社は、広島県を代表する観光地です。海に浮かぶ鳥居は他では中々見ることができません。
呉に行くことによって、護衛艦や海軍の歴史などを見ることができます。
歴史の痛ましさを感じることができるのは、負の遺産でもある原爆ドームです。原爆ドームは、ユネスコによって世界遺産に登録されています。

広島県の運転代行は、広島市を中心に利用されています。
人口が100万人を超えている街ですので、飲み屋街もたくさんあります。
車で広島市に飲みに行った後に、広島市内の自宅や隣接する自治体に帰宅する方が多いようです。
東端にある福山市も、飲酒することができるところが多いので運転代行を利用される方がいます。
福山市は、東端ですので岡山県内から来られて利用される方もいるようです。

広島県の美味しいグルメとお酒を堪能した後は、運転代行を利用して帰りましょう!

広島県の運転代行体験談COLUMN

初めての運転代行

いつもは友人と食事に出かける際はタクシーを利用している私ですが、その日は時間等の都合で車で出かけることにしました。
お酒を飲まないようにしようと思っていたのですが、やはり周囲がお酒を飲んでいると我慢するのは難しく、運転代行業者を呼ぶことにしました。
深夜0時頃に電話をして呼んだところ、20~30分後に到着しました。
週末の深夜という忙しいであろう時間帯だったので、待たされるのは予想通りだったのですが、待つ時間というのは長く感じるもので、タクシーで来るべきだったと感じていました。
車の鍵を渡そうとしたところ、「遅くなって申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉をいただきました。
自宅までの車中も、何度も謝られ、こちらが申し訳なくなる程でした。とても親切な方で、安全運転で自宅まで送って頂きました。
最後に料金なのですが、普段利用するタクシー料金+1000円ほどでした。相場がわからないのですが、非常に安く感じました。
私の場合、往復のタクシー料金とほぼ同じでした。それ以来、運転代行を利用することが増えました。
連絡する際は、少し早めに連絡をして、時間を指定することで、待ち時間も少なく快適に利用できています。

たまたま捕まった運転代行

私は現在地方都市に住んでいます。そんな私は年に数回会社の忘年会、新年会や友人や知人と飲み会がありその際に運転代行を利用しています。
ある年の年末に、会社の忘年会があり、皆いい感じで盛り上があり2次会、3次会と進みお開きが深夜の3時頃だったと記憶にあります。
私の住んでいる地区が交通の便が不便だったこともあり私は行き車で向かい立体駐車場に車を止めていきました。
帰りに立体駐車場にあるチラシに載っている運転代行会社にテキトーに電話すれば捕まるだろうと軽い気持ちで飲み会へと向かいましたが、いざ立体駐車場に付携帯電話でチラシに載っている運転代行会社に上から順番に電話しましたがどこもかしこも飲み会やら忘年会で盛り上がっている年末にそう簡単に捕まるわけがありません。
最後の会社まで電話し終わりどうしようかと煙草を吸いながら道路のわきに設置してある灰皿の横でたたずんでいると偶然運転代行の車が向こうから走ってきました。
ダメ元で運転代行の車に大きく手を振ってみると乗っていた二人のうちの1人が気づいてくれました。
帰りの車内でも酔っぱらっていてロレツがうまく回っていない状態でも丁寧に受け答えをしてくれてとても親切でした。
運転代行といえど時には体当たり精神で大手を振って呼び込むことも大事だということを学びました。