1. 代行ナビ
  2. 長崎県
  3. 長崎市

長崎市エリアの運転代行一覧(おすすめ順)

長崎市の運転代行料金の目安

長崎市の基本料金(目安)

初乗り料金 2Kmまで、1,000円
追加料金 1Kmごと、200円

距離による料金

2Kmまで 1,000円
5Kmまで 1,600円
7Kmまで 2,000円
10Kmまで 2,600円
15Kmまで 3,600円
20Kmまで 4,600円
25Kmまで 5,600円

繁華街からの目安料金

※高速道路を利用する場合、別途料金がかかる場合がございます。予めご確認くださいませ。
長崎市から時津町までの代行料金 3,000円 (約12.0km)
長崎市から諫早市までの代行料金 5,600円 (約24.5km)
長崎市から長与町までの代行料金 3,000円 (約11.5km)
長崎市からイオン東長崎ショッピング
センターまでの代行料金
2,400円 (約9.0km)
長崎市から長崎大学までの代行料金 1,600円 (約4.5km)

長崎市の運転代行コラム

◼︎長崎市の特徴

長崎市は、人口41万人を超える長崎県の県庁所在地です。
オランダ文化が色づく歴史が豊か、そして海山に囲まれた自然が豊かなことが特徴です。
長崎には中華街もあり、国際色が溢れる都市として有名です。

現在は、長崎駅もリニューアルが完了しており新幹線も開通。
今までは福岡からも2時間30分ほどかかっていた移動時間も、新幹線を利用することで約30分短縮できました。

そんな今発展最中の長崎市での運転代行事情について連ねてみますね。

◼︎運転代行にかかるお金、タクシーにかかるお金・・トータルで考えてみました。

国道沿いで営業している居酒屋をたまに見かけることがあります。
繁盛しているお店だと駐車場はお客さんの車でいっぱいです。
しかし居酒屋ですから、みなさんお酒を飲んでいるはずです。
店を出てそのまま車を運転して帰宅・・・などということはありませんし、絶対してはいけないことは重々承知していることではないでしょうか?
中には車を置いたままタクシーで帰られる方もいるようですが、長崎市でお酒を飲む方のほとんどは「運転代行」を利用しています。
逆に言えば、運転代行というサービスがあるからこそ、みなさん安心して楽しいお酒が飲めるわけです。

さて、この運転代行というサービスですが、実際にどんなメリットがあるのでしょうか?
まず先ほど述べた「帰りのことを気にせずお酒が飲める」ということが挙げられます。
でも、これは仮にタクシーを頼んでも同じことですね。
であれば、タクシーに比べて便利だったり、優れていることを考えていくと「運転代行を利用するメリット」は、はっきりするので、ふたつほど運転代行のいいところを挙げてみます。

まずひとつめは「次の日の朝から自分の車が使えること」です。
タクシーを使うということは、車を置いて帰ってくるということですから、例えば翌朝、車で出勤ということはできません。
でも、運転代行であれば、自分の車を運転してもらって帰宅するわけですから、次の日も普通に使えます。
もちろん、日を改めて居酒屋まで車を取りに行くという手間もかかりません。

もうひとつは「トータルでかかるお金が安い」ということです。
一般的に運転代行にかかる料金よりタクシー代の方が安いとは言われていますが、距離や時間によっては大差が出ないこともあるのです。
実はトータルで考えてみると明らかに運転代行を利用した方が出費は抑えられます。
仮に、目的の居酒屋が自宅からも5キロの距離にあり、なおかつ利用できる公共交通機関がないとします。
この場合、帰りにタクシーを使うとしたら、行きもタクシーを使うのが一番の方策です。
ということは、料金が2倍になるわけですね。
自分の車で行って、帰りは運転代行という形の倍のお金がかかるわけです。
また後日、置いてきた自分の車を取りに行くとしたら、またお金もかかります。
極端に言えば、タクシーは運転代行の3倍もお金がかかるケースさえあるのです。

飲んだあとの「帰りの足」はとても重要です。
国道沿いなどにある居酒屋のほとんどは、運転代行もタクシーも使えますが、ここに書いたメリットを考えていただき、ぜひ長崎市内でお酒を飲まれる際には、運転代行を指名していただければと思います。

長崎市の他エリアを検索

代行ナビアプリ

代行ナビをもっと手軽に