1. 代行ナビ
  2. 岡山県

岡山県のおすすめ運転代行業者

岡山県の運転代行事情COLUMN

岡山県の運転代行事情をまとめてみましたので、岡山県で運転代行を呼ばれる際は、是非参考にされてください。

岡山県は中国地方に分類されている都道府県ですが、関西地方との結び付きが強いことで知られています。
兵庫県と隣接していますので、岡山県の東部にお住まいの方はすぐに兵庫県の姫路市などに向かうことができます。
大阪府へのアクセスも良いので、この点も関西地方への結び付きが強い理由となっています。
岡山市は、県庁所在地でもあり政令指定都市でもある大きな自治体です。
また、岡山市と隣接している倉敷市も人口が50万人弱ある大きな自治体で、この二つの自治体で100万人を超える人口を誇っています。

岡山県はきびだんごで有名で、桃太郎とのコラボ商品も多数あります。
桃太郎に関連して白桃の生産地としても知られており、その他にはマスカットなどが有名です。

非常に有名な観光地ではなく、通な人好みな観光地が多いのが岡山県です。
岡山後楽園では、素晴らしく美しい庭園を楽しむことができます。
景色をゆったりと見たい方に向いている観光地です。
倉敷美観地区や吹屋ふるさと村のように、京都とはまた違った趣のある街並みを楽しむことができる観光地が多いのが特徴です。

人口のことからも分かるように、運転代行を利用する方は岡山市と倉敷市でお酒を飲んだ後に利用する方が多いです。
山陽地方に共通していることですが、平地が多い瀬戸内海側が発達しており、中国山地方面で運転代行を利用する方はあまりいません。
ただし、山地方面にお住まいの方は移動がどうしても車になってしまうので、岡山市や倉敷市まで車で向かって帰宅に運転代行を利用される方もいらっしゃいます。

岡山市の居酒屋やバーでお酒を飲んだ後は、運転代行を利用して帰宅しましょう!

岡山県の運転代行体験談COLUMN

スナックなどに案内があって安心します

車を駐車場に止め、会社の飲み会に参加し二次会と称してスナックなどに行くときがあります。
飲酒運転をするつもりは元々ないですし、駐車場まで歩けば、大きな駐車場なら代行がいくつか列を成して待っていてくれるときがあります。
スナックで、今日も代行で帰らないとなぁでも外寒いしなぁもし代行なかったらどうしようかなぁなど酔っ払った頭で考えつつ、会計をすませ外にでようとするとレジの前に代行のチラシがあるではありませんか。
すぐに電話をし、寒いのでスナック内で待つことにします。
スナックの場所も分かってくれているので迷うことなくすぐ来てくれ、中にもきてくれました。
お抱えの運転手がいる社長のような気持ちになります。
自分の車まで案内します。自分よりも安全運転で、きちんと気を使ってくれますし、会話の内容は代行ならではの業界の話をしてくれます。
やはり寒いときの夜は代行も混雑するらしく、事前に電話で予約をしていくと私たちのような客を待たせなくてよいので電話をもらえるとありがたい、との話でした。

叔父が代行業者

叔父が代行業者をやっています。
地方なんですけど、金・土・日が絶好の稼ぎ時ですよね。
今でこそ、飲酒運転阻止〜とかで居酒屋等でキャンペーンをやっていますが、そもそも地方は車移動が必須なわけで、居酒屋にも駐車場があるわけで、車でしか来ないわけですよ。
善良な奥さんに送ってもらって、迎えにきてもらって、な人もいますが、子どもがいたらごく一部ですよね。帰るころには、子供とともにご就寝、起こすよりは小遣い削って代行さんで帰るのが家庭円満の秘訣。
と、そんな代行さんを呼ぶときは、決まって金・土・日とか歓送迎会シーズンとかですが、その際には予約は必須。
予約割引も結構あるみたいですし、やっぱり台数は限られているから、日ごろは暇でも、集中しちゃうと車は出せないわけで、予約しとくのがベスト。
そして、予約することで、名前を覚えてもらって、いざって時に結構融通が利くみたいです。
ちなみに、叔父は飲兵衛で、そんな仕事してつらくない?なんて話をしたことがありますが、飲兵衛だからこそ喜んでやってる、利用者さんの気持ちがわかる、とのことでした。