1. 代行ナビ
  2. 岡山県
  3. 津山市

津山市エリアの運転代行一覧(おすすめ順)

津山市の運転代行料金の目安

津山市の基本料金(目安)

初乗り料金 1Kmまで、1,800円
追加料金 1Kmごと、200円

距離による料金

2Kmまで 2,000円
5Kmまで 2,600円
7Kmまで 3,000円
10Kmまで 3,600円
15Kmまで 4,600円
20Kmまで 5,600円
25Kmまで 6,600円

繁華街からの目安料金

※高速道路を利用する場合、別途料金がかかる場合がございます。予めご確認くださいませ。
ソシオ一番街から東津山までの代行料金 2,200円 (約3.0km)
ソシオ一番街から院庄までの代行料金 2,800円 (約6.0km)
ソシオ一番街から高野までの代行料金 3,200円 (約7.5km)
ソシオ一番街から三浦までの代行料金 5,000円 (約16.5km)
ソシオ一番街から東一宮までの代行料金 2,600円 (約5.0km)

津山市の運転代行コラム

津山市の特徴

津山市は、岡山県北部に位置しており岡山県第三規模の都市と言われています。
人口は令和4年のデータで約9.8万人となっており、平成30年のデータでは10万人を超えていたため減少傾向と言えるでしょう。
交通機関は、電車やバスが主要となっており、マイカーがあれば津山ICから県外まで行くことも容易です。
しかし冬場は積雪のある地域ですので、チェーンやスタッドレスタイヤは必須とも言えますね。

津山市は城下町の風情が残っている地域で、多くの古墳が残っていることでも有名ですので、観光などにも訪れる方が多いそうです。

津山市の飲酒運転撲滅活動

津山市では飲酒運転のニュースが報道されることは少ないかと思います。
その背景には、未成年者飲酒防止キャンペーンのような活動がされているからかと思います。

2023年4月、20歳未満の飲酒や飲酒運転を防ごうと高校生も参加しての啓発活動が行われました。
未成年者の飲酒を防ぐことはもちろん、飲酒運転を防止することも活動の一部になっていることから学生から大人まで意識ができる活動だったことと思います。

参照:RSK山陽放送_「20歳未満の飲酒・飲酒運転を防ごう」高校生らがJR津山駅で啓発活動

岡山県内で見ると、2022年の飲酒運転取り締まり件数は253件で、未成年者の飲酒補導は83件だったとのことです。
1件でも多く取り締まりや、補導が減るように、一人一人が意識することが大切となりますね。

岡山県内では、約80社もの運転代行業者様が活動されており、そのうち17社ほどが津山市周辺で活動されておられます。
お酒を飲んでは運転ができませんので、お酒を飲んだ時は運転代行に依頼するようにしましょう。

津山市の運転代行利用者コラム

運転代行のおかげでみんなで仲良く!

運転代行が今ほどメジャーでは無かった頃は「運転係」なる係をきめて飲んでいました。
いつものメンバー男5人で居酒屋に行くのですが、もちろん運転係は最初から最後まで飲めません。
ソフトドリンクでみんなのノリについていかなければならない上に、酔いつぶれてめんどくさいことになっているみんなを家まで送り届けなければなりません。

この日にみんなで集まろうと決まってから、運転係をきめるのですが最初は誰かが名乗りを上げるのを待ちますがもちろん誰もやりたがりません。
そして擦り付けあいの末に誰かに決まるのですが、最初はなんとなくローテーションのような感じで誰かが特別多くやってるような感じもなく円満にやってこれましたが、次第に偏りがでてくるようになり不満をもらす仲間がでてくるようになってしまいました。

みんなが飲んでるのに飲めないのは本当につらいですし、全員お酒大好き・お酒の場のノリが大好きな飲み友達なので尚更です。
不満をもらす人がでるようになってからはだんだんと集まりが悪くなり、企画の回数も減っていってしまいました。

そんな時に、津山市内の居酒屋のスタッフに勧められたのが運転代行でした。
「いい大人なんだから別に痛くない値段だと思うよ。それでまたみんなで集まって楽しくすごせるなら安いもんでしょ」とのことでした。
それまでは運転代行というとすごく高いイメージがあったし、使っている人そもそもいるの?と思っていました。

その話を聞いたのをきっかけに、運転代行を呼ぶ・料金は割り勘にするという私たちの中でのルールができました。
それ以降はまたみんなで仲良く集まれるようになり、不満をもらす仲間も出なくなりました。
あの居酒屋のスタッフの言う通り、これでみんなで仲良く集まれるならこんなにいい買い物はないと思います。
みなさんも津山市でお酒を飲んだら代行を利用してみるという判断はいかがでしょうか?

代行ナビアプリ

代行ナビをもっと手軽に