1. 代行ナビ
  2. 群馬県

群馬県のおすすめ運転代行業者

群馬県の運転代行事情COLUMN

群馬県での運転代行サービスについての事情を簡単にまとめてみましたので、群馬県で運転代行サービスの利用を考えている方はぜひ参考にしてください。
群馬県を大まかに分けると、中部地域、西部地域、東部地域、利根沼田地域、吾妻地域の5地域に分けることができます。
それぞれの地区の代表的な都市は、中部地域・前橋市、西部地域・高崎市、東部地域・桐生市、利根沼田地域・沼田市、吾妻地域・吾妻郡となっています。
これらの都市の中でも注目を特に浴びるのは、群馬県の県庁所在地である前橋市です。同市は、明治時代に紡績業で栄えた歴史があります。
群馬県の名物といえば、「焼きまんじゅう」「峠の釜めし」などが挙げられるでしょう。
ちなみに峠の釜めしは、安中市の「荻野屋」で製造されているものが元祖であり、釜めしの釜は益子焼きのものを使われているので、食べた後に釜を捨てるのがもったいなくなってしまいそうなんですよね。
これらの代表的なグルメの他にも「コロリンシュウマイ」、「オランダコロッケ」などのいかにもなB級グルメが人気を博しています。
群馬県の代表的な観光名所は中世ヨーロッパの雰囲気を感じ取ることができる「ロックハート城」、榛名山のカルデラによって形成された「榛名湖」、世界遺産にも登録されて、多くの観光客の注目の的である「富岡製糸場」などがあります。
豊かな自然が魅力的な群馬県では、自然を楽しめる観光スポットが多いようです。
ちなみに、群馬県では運転代行サービスを利用する人が大変多くなっています。
大都市圏と比較すると、群馬県の鉄道は終電も早く、また路線もそこまでは張り巡らされてはいないので、車で飲み会に参加する方が多いようです。
群馬県で美味しいお酒を飲んだら自分で車を運転すること無く、運転代行を利用して帰宅しましょう!

群馬県の運転代行体験談COLUMN

代行に抵抗のあった私が使ってみた結果

私は群馬に住むまで、運転代行業者を使ったことがなく、また自分の車を他人に運転してもらうことに抵抗がありました。
しかし、実際運転代行業者を使ってみると、リーズナブルでとても便利で、毎回お酒を飲みに行く際は使うようになりました。
私が住んでいる地方では、交通手段が車かバスかタクシーがメインになります。
バスは時間に限りがあり、待ち時間もある。また、タクシーはいちいち電話をして呼ばなければいけない、または路上でひろわなければなりません。
したがって、私は群馬で出かけるときには車で目的地まで自分で行っていました。
お酒を飲まなければ自分で帰って来れますし、飲んでしまったら、代行を呼べば迎えに来てくれて、家の駐車場まで行って駐車までしてくれます。
そして、タクシーと同じくらいの値段です。
値段もリーズナブルな上に、自分の車で運転してお酒を飲んでしまっても、代行を呼んでしまえば車を置き去りにすることなく帰って来れるので、とても便利です。
お酒を飲むことが大好きな私には、群馬生活で代行は欠かせません。

代行業者を営業時間外に呼ぶ方法

運転代行業者の営業時間は、夕方の7時~深夜2頃までの営業時間が主流となっています。
明け方の4時頃までお酒を飲んでいて、代行業者を利用しようと電話しても出ない場合や、営業時間外なので断られるケースがあります。
そこで、明け方になっても代行業者を利用する方法を私自身の経験から考えてみました。
営業時間が終わっても呼ぶ方法は、前もって予約を入れておくのがいいです。
お酒を飲みに行く日は前もって分かっていますので、飲みに行く日の前日か当日にでも予約を入れておくだけで呼ぶことが可能になってきます。
もちろん相手の都合で断られるケースはあると思うのですが、断られた時は他の代行業者に電話するといいでしょう。
そして同じ代行業者を何度か利用することになったら、こちらの融通もある程度は聞いてくれるようになりますので、なじみになるといいです。
もしも代行業者に予約したのに利用することができなくなった場合は、すみやかに代行業者に連絡して利用することができなくなったことを伝えるといいでしょう。