1. 代行ナビ
  2. 秋田県

秋田県のおすすめ運転代行業者

秋田県の運転代行事情COLUMN

秋田県は日本海側の秋田市と由利本荘市、内陸の横手市を中心とした県です。
横手市周辺には乳頭温泉という全国でも愛好者の多い温泉があります。
大自然のなかで乳白色の温泉につかっていると何とも言えないやすらぎを覚えます。
また全国的に有名なものと言えば大曲の花火大会もあります。全国の花火師が集うこの大会を一目見ようと全国から多くの観光客が訪れます。
他にはなまはげも全国的に知られているでしょう。
食べ物では稲庭うどんや比内地鶏も全国的に知られています。そして何といってもきりたんぽです。
秋田と言えばきりたんぽですが、きりたんぽがお米から作られているということを知っているでしょうか。
秋田はあきたこまちに代表されるようにお米の生産も盛んです。そのお米を利用して作られているのがきりたんぽです。
またお米から作られるものでは日本酒がおいしい土地であります。
そんな秋田の味覚を楽しむには秋田市の川反通りを中心とした繁華街がよいでしょう。
川沿いに軒が並ぶ落ち着いた雰囲気のこの通りは、ノスタルジックな気分にさせてくれます。
そこでのぜひ味わって欲しいのが比内地鶏でだしをとったきりたんぽ鍋です。この鍋は日本酒の愛称も抜群です。
そしておいしい料理を味わった後は運転代行を利用しましょう。
秋田市の運転代行の初乗り料金は1,500円程度です。
これより安い業者もあるようですが、大きな差は見られません。秋田駅の終電は10時台ですから、夜を楽しむには少し時間が早い気もします。
運転代行であれば時間を気にしなくてよいメリットもあります。また公共交通機関がやや便利さに欠けるため、多くの人は通勤で車を使いそのまま飲みに出ることも多いようです。
なかには気に入った業者のお得意様となり、電話予約をしたり、多少料金をサービスしてもらったりということもあるようです。
秋田でお酒を飲んだ後は運転代行を利用して安心安全な帰路につくことをお勧めします。

秋田県の運転代行体験談COLUMN

初めての運転代行

昨年運転代行を初めて使いました。
営業で、自動車で移動していたのですが、お得意様よりお食事を誘われましてお酒を飲んでしましました。
営業車を市内の高いパーキングにとめてしまい、飲んで翌朝取りに行く際にどのくらい駐車代がかかるのかを想定した時にすごくゾッとしました。
また自宅からも離れているので出社前に車を取りに行くのも負担だと感じていました。
でもお得意様が注いで下さったお酒を飲まないわけにもいかないので、どうしようと思いながらも飲みました。
飲んでいる最中にパッと思いついたのが運転代行の利用です。
なんとなく運転代行があるというのは聞いていたのでネットで検索しました。
飲み終わった後にすぐにお電話をしまして現地に来て下さいました。
どんなものなのかとドキドキしていたのですが、本当に、私の代わりに運転してくれましてとても助かりました。
今度営業車で移動をしているときに飲みのお誘いがあっても運転代行があれば安心していけると思いました。

運転テクニックが見事な代行運転手

秋田の冬の深夜といえば温度がかなり下がり氷点下となります。雪が積もった上氷点下かとなりますと、路面がかなり悪い状態になります。
そんな中代行を呼んだ時の話ですが、なんともいえない運転テクニックでした。
私の車を運転してもらい私は助手席に座ったのですが、ツルツルになった道路を恐れることなく走っていきます。
途中私でしたら走るのを躊躇してしまう急坂も物ともせず走ります。途中で怖くなり代行運転手さんにスピードやツルツル路面が怖いのですがと訴えると、「心配しなくていい。無事に自宅まで送り届けます」とのことでした。
どこからそんな自信が湧いてくるのかはわかりませんでしたが、そこまで言うのならばと身を任せることにしました。
あとで聞いたところ、運転手歴何十年。知らない道はない。いろんな路面を走るためのテクニックを熟知しているとのことでした。
そんなベテランなのであれば最初に安心させて欲しかったし、余計な心配はしたくありませんでした。
ですがこれをきっかけに代行を呼ぶ時はこの方にお願いすることになりました。