1. 代行ナビ
  2. 埼玉県
  3. さいたま市
  4. 浦和エリア

浦和エリアの運転代行業者一覧

文化と教養の街―さいたま市「浦和区」

今回は、首都圏郊外のターミナルである埼玉県さいたま市の「浦和区」について、交通事情や地域の特色についてご紹介致します。

郊外屈指の人気ベッドタウン

埼玉県の政令指定都市、さいたま市を構成する浦和区は、市の南部に位置します。
東京駅や新宿駅への所要時間が25分と利便性が高く、県庁や市役所、裁判所など、行政の中枢機関が集中しています。
また、高層マンションや商業施設などの建設や道路整備も進められており、都市開発が活発な地域です。
医療機関、教育機関、図書館、市民プラザなどの公共サービス施設が充実しており、首都圏へのアクセスの良さからも人気の居住区となっているため、人口は右肩上がりに増加傾向にあります。
車やバスの往来も多く、特に区内を通る国道463号線(旧中山街道)、県道65号線は慢性的に数分程度の混雑、渋滞が頻発しているので、多少の混雑は避けられないかもしれません。
運転代行業者もあまり多くはないので、予約時には注意が必要です。
当日予約できない業者もあるので、予定が決まり次第、早めに予約を入れておくことをお勧めします。
駐車場は、浦和駅西口の463号線(旧中山街道)沿いに多く、駅からも近く便利です。

県を代表する政令指定都市

浦和区の地域は、大正時代に数多くの文化人が移り住んだと言われており、「鎌倉文士」と並び称される「浦和画家」の集った地域としても有名です。
政令指定都市だけあって、神社、仏閣、記念館、科学館や美術館など、歴史的建造物から近現代のアートや先端の科学技術の知に触れることのできる施設が多く、浦和区には見どころがたくさんあります。
平安時代に建立されたとされる古寺は桜の名所としても有名で、観光名所が多いことも特徴です。
歴史、芸術、科学といった過去から現在に至る「文化と教養」が集う街、それが浦和区なのです。

浦和区は、首都圏や区外の観光名所に足を運ぶのにも、打って付けのスポットです。
文化と芸術に触れながら、遠い過去に思いを馳せながら散策をするもよし、先端の知に触れ、知的好奇心を満たすもよし、それぞれの楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか。