1. 代行ナビ
  2. 東京都
  3. 大田区

大田区の運転代行一覧(オススメ順)

大田区の運転代行料金の目安

大田区の基本料金(目安)

初乗り料金 3Kmまで、3,500円
追加料金 1Kmごと、400円

距離による料金

2Kmまで 3,500円
5Kmまで 4,300円
7Kmまで 5,100円
10Kmまで 6,300円
15Kmまで 8,300円
20Kmまで 10,300円
25Kmまで 12,200円

繁華街からの目安料金

※高速道路を利用する場合、別途料金がかかる場合がございます。予めご確認くださいませ。
蒲田駅から大森北までの代行料金 3,900円 (約4.0km)
蒲田駅から池上までの代行料金 3,500円 (約2.5km)
蒲田駅から自由が丘までの代行料金 5,900円 (約9.0km)
蒲田駅から西区までの代行料金 10,700円 (約20.5km)
蒲田駅から幸区までの代行料金 4,300円 (約5.0km)

太田区の運転代行コラム

もはや常識となった運転代行

飲酒をしながらのコミュニケーション文化が根強い日本の現代社会において、
飲酒運転による悲惨な事故は社会問題として、各種メディアで度々報じられています。

飲んだら乗るなというスローガンに象徴されるような、社会の基本的な規律が守られることなく、
昨今の厳罰化やコンプライアンス違反のリスク(解雇、停職等)を省みず、
飲酒運転をしてしまうドライバーは後をたちません。

都市部の飲食店で飲酒をする場合は公共交通機関が充実しており、よほどのことがない限り、
自動車で飲酒をしに行くとい状況には陥り難いと考えられます。

一方、都市郊外では、公共交通機関が利用出来ない場合、
①徒歩、②タクシー、③知人に車で送迎してもらう、といった、
必ずしも現実的でない選択肢から選ばざるを得ない状況が多々あると考えられます。

しかし、近年は、④自家用車で向かい、運転代行で帰るという選択肢が使えることが多くなりました。

一見、②タクシーと変わらないような気もしますが、②往復タクシーと④片道タクシー+代行料では、
半分までは行かないにしても、費用負担が大幅に異なります。

また、インフラの面においても、運転代行をカバーするエリアが限られるのではないか?
という疑問もありますが、公共交通機関の面で不便な立地の飲食店は、
利用客の飲酒運転の可能性はほぼほぼ予見することができる上、
飲酒運転で検挙された場合は、アルコールの提供者も罰せられる可能性があるというリスクから、
防衛策として運転代行業者の利用を促進するメリットがあります。

加えて、運転代行業者は自社の稼ぎに直結するため、
需要が見込めるエリアのカバーは必然と考えられます。

これらのことから、社会ニーズと利用者、飲食店、代行業者のシステムが出来上がっている代行は、
もはやなくてはならない仕組みとなっていると言えます。

代行ナビアプリ

運転代行のアプリ「代行ナビアプリ」 運転代行のアプリ「代行ナビアプリ」

代行ナビをもっと手軽に