1. 代行ナビ
  2. 福岡県
  3. 柳川市

柳川市エリアの運転代行一覧(おすすめ順)

柳川市の運転代行料金の目安

柳川市の基本料金(目安)

初乗り料金 3Kmまで、1,400円
追加料金 1Kmごと、200円

距離による料金

2Kmまで 1,400円
5Kmまで 1,800円
7Kmまで 2,200円
10Kmまで 2,800円
15Kmまで 3,800円
20Kmまで 4,800円
25Kmまで 5,800円

繁華街からの目安料金

柳川商店街から宮永町までの代行料金 1,400円 (約2.0km)
柳川商店街から矢留本町までの代行料金 1,400円 (約3.0km)
柳川商店街から鷹ノ尾までの代行料金 2,200円 (約7.0km)
柳川商店街から大和町までの代行料金 2,400円 (約8.0km)
柳川商店街から有明町までの代行料金 2,000円 (約6.0km)

柳川市の運転代行コラム

うなぎの街、柳川市

県の南部、筑後地方の南西部に位置し、人口は約6.2万人。
市内を掘割が縦横に流れることから水の都と呼ばれており、筑後地方南西部における商業の中心地である。
鰻のせいろ蒸しなど鰻料理、掘割を使った川下りが有名な街です。
また、広大な有明海に面しているため、ムツゴロウやワラスボなど、独特の海の幸が豊富です。

おすすめ観光スポット

・三柱神社
・柳川ひまわり園
・柳川川下り
・柳川温泉南風etc.

絶えない飲酒運転

飲酒運転の上、無免許。
参照:TBS NEWS DIG Powred by JNNより。
福岡県は全国でも飲酒運転が多い県となっています。
2022/09/22には市の特産品であるうなぎをモチーフにしたマグネットとステッカーの贈呈式が柳川署で行われた。
柳川市には12社、公安委員会より認可を受けて活動している運転代行業社があります。
コロナで減っていた飲酒運転の検挙も今は毎日のように報道されています。
事故を起こしてからでは遅いのです。このサイトでは、運転代行業社を地域ごとにまとめて掲載していますので、一度のぞいてみてください。

柳川市の運転代行利用者コラム


怪我や病気で運転不可能となった時にも有難い運転代行サービス

自分の愛車を見ず知らずの他人に任せるという事に対し、特別大きな抵抗感を感じる人でなければ、
運転代行サービスを利用する利点は非常に大きなものとなるでしょう。

何よりその車を運転出来る人間が自分1人…というシチュエーションにおいて、何らかのイベントやトラブルにより運転が不可能となった場合、
もはや車を移動出来る手段が無くなってしまうのです。
その様な事態を電話一本で防いでくれるのですから、いざという時に知っておいて絶対に損は無いサービスでしょう。

一般的に運転代行サービスを利用する場面として挙げられるのはもちろん飲酒時でしょう。
特に忘年会や新年会が続く年末年始のシーズンや夏のイベント時に、このサービスのお世話になった人は多いのではないでしょうか?

運転代行サービスが利用出来るのは何もアルコールが入ってしまった時だけではありません。
突然の手足の怪我や病気により運転動作が不可能になってしまった際にも大きな利便性を発揮してくれるものなのです。

手足の怪我あるいは他の症状の程度が重く、速やかに病院で診てもらいたいという場合においても、最悪の場合自分が自身の為に救急車を呼ぶ一方、
その間隙を利用して運転代行サービスに依頼し受診先の病院あるいは自宅まで車を運んでもらう手も十分考えられますよね。

飲酒だけにとらわれないバラエティ豊かな利用法を常に模索しておく事により、
いざトラブルが発生した時の愛車に対する処置のレスポンスが格段に早くなるのです。

しかし、飲酒した時は絶対に利用したいものです。
柳川市内の飲食店には、代行の紹介がありますので、必ず代行を呼ぶようにしましょう!

代行ナビアプリ

代行ナビをもっと手軽に