1. 代行ナビ
  2. 千葉県
  3. 船橋市
  4. 津田沼エリア

津田沼エリアの運転代行一覧

習志野市と船橋市の千葉県二大都市の境目「津田沼駅」

千葉県西部の習志野市と船橋市の境に位置する津田沼駅。
今回は、関東圏の住みたい街ランキング上位にも入る同駅周辺の様子についてご紹介致します。

県内屈指の人気居住エリア

総武線が通る津田沼駅周辺は、駅を含めた南側が習志野市、北口方面の大部分は船橋市が占めています。
津田沼駅からは乗り換えせずに新宿まで50分程度と、都内からのアクセスが良く、成田空港へも1時間程度で行くことができます。
駅の南口、北口は大規模なペデストリアンデッキが整備されており、駅周辺の主要な施設と連結しています。
駅前は大型の商業施設がひしめき合う一方で、都市開発が盛んに行われています。
また高層マンションの建設が進んでおり、特に駅の南側である習志野市方面で活発です。
 高度経済成長期から商業施設建設の激戦地としても知られており、これまでに多くの大手企業が入れ代わり立ち代わりし、街全体が新陳代謝を繰り返しています。
そういった意味では、駅周辺が常にアップデートを繰り返しているため、地元住民にとって住みよい街として県内でも有数の人気居住区となっております。

広くて安心の駅前「ぶらり東通り」

駅北口前のぶらり東通り沿いには広い駐車場や立体駐車場があり、車道の両サイドにあるため駐車しやすくなっております。
成田街道(国道296号線)から御成街道、県道135号線という順で進むと、ぶらり東通りへスムーズに入ることができます。
また、駅前でありながら、ペデストリアンデッキが整備されているので、車道に余裕があり初めての方でも安心です。
一方、駅の南口は少し離れると住宅地となっており、駐車場の数自体があまり多くありません。
駐車できない場合は、県道204号線から迂回してぶらり東通りへ入ると良いでしょう。
運転代行を頼む際にも、分かりやすい位置にあるのでお勧めです。

津田沼駅を少し南下すると、「谷津干潟」へも足を延ばすことができ、干潟という貴重な自然の中でのアクティビティを楽しむことができます。
また、近くのオートレース場や競馬場等の娯楽施設も充実しており、レジャーに事欠かない絶好の位置にあると言えるでしょう。
津田沼でのんびりとした休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

代行ナビアプリ

運転代行のアプリ「代行ナビアプリ」 運転代行のアプリ「代行ナビアプリ」

代行ナビをもっと手軽に