1. 代行ナビ
  2. 東京都
  3. 国立市

国立市の運転代行業者一覧

国立市の運転代行料金の目安

国立市の基本料金(目安)

基本料金 1,600円 (1Kmまで)
追加料金 1kmあたり400円

距離による料金

5Kmまで 3,200円
7Kmまで 4,000円
10Kmまで 5,200円
15Kmまで 7,200円
20Kmまで 9,200円
25Kmまで 11,200円
30Kmまで 13,200円

繁華街からの目安料金

 
国立駅周辺-富士見台2丁目周辺の代行料金 2,400円 (約/2.4km)
国立駅周辺-西1丁目周辺までの代行料金 2,000円 (約1.4km)
国立駅周辺-谷保周辺までの代行料金 2,800円 (約4.0km)
国立駅周辺-青柳周辺までの代行料金 3,200円 (約4.3km )
国立駅周辺-学園通り周辺までの代行料金 2,000円 (約1.5km)

国立市の運転代行コラム

運転代行の必要性

運転代行の必要性としては事故の防止です。

これは利用者にとっては重要でお酒を飲んだ状態で運転をして眠気が襲ってきた場合、
最悪事故を起こし犠牲者が出る可能性もあります。

そうならないためには、運転代行サービスを利用した方がメリットになると言えます。

他にも、代行を利用するメリットとしては、車が自分の車でない場合、
例を挙げますと、上司がお酒を飲み、上司もあなたも運転ができない場合、
第三者となって車を運転してくれる代行サービスは大きな存在になります。

大切な方、もしくは仕事上での大切な上司の車なのですから、
自分で運転するのには抵抗があるといった場合、プロの方に運転を代行して貰うと安心です。

このように、お酒を飲んでいない場合であっても、時と場合によってはメリットになります。

代行運転は、何もお酒を飲みすぎた場合のみに使用するサービスではなく、
運転に自信がない方が同乗して飲食店に来られた際にも利用できるサービスです。

他には、友達と一緒に飲みに来たが、友達が運転免許を持っていないときにも
代行運転は大いに役立つサービスです。

免許の無い友達に運転をして貰うわけにはいきませんよね。
そうした場合は、運転代行サービスを利用しましょう。

その方が安全に帰宅することができますし、何よりも事故の心配もなくなります。

飲酒をして、眠気に襲われ事故を起こすよりも、
代行運転を利用して、安心して家まで帰宅する方が安全です。

何よりも、同乗者や周囲の方に、怪我をさせてしまう心配も無いので国立市を利用するのが一番です。

代行ナビアプリ

運転代行のアプリ「代行ナビアプリ」 運転代行のアプリ「代行ナビアプリ」

代行ナビをもっと手軽に