1. 代行ナビ
  2. 沖縄県
  3. 糸満市

糸満市エリアの運転代行一覧(おすすめ順)

糸満市の運転代行料金の目安

糸満市の基本料金(目安)

初乗り料金 2Kmまで、1,200円
追加料金 1Kmごと、200円

距離による料金

2Kmまで 1,200円
5Kmまで 1,800円
7Kmまで 2,200円
10Kmまで 2,800円
15Kmまで 3,800円
20Kmまで 4,800円
25Kmまで 5,800円

繁華街からの目安料金

いちまん横丁から西崎町までの代行料金 1,400円 (約3.0km)
いちまん横丁から武富までの代行料金 2,200円 (約7.0km)
いちまん横丁から豊原までの代行料金 2,000円 (約6.0km)
いちまん横丁から座波までの代行料金 1,600円 (約4.0km)
いちまん横丁から大度までの代行料金 2,000円 (約7.0km)

糸満市の運転代行コラム

糸満市の特徴と、飲酒運転事情

糸満市は、沖縄市の最南端に位置している都市で、漁師の街と言われています。
のどかな田園風景が特徴とされており、サトウキビ畑や、にんじん畑が広がっています。
さらに戦跡国定公園に指定された自然の海岸線が広がっており、数多くの戦跡やグスクなどの史跡が点在していることから、忘れてはならない戦争の爪痕を感じることができる場所です。

糸満市では飲酒運転のニュースが絶えません。
2023年3月には航空自衛隊員が飲酒後に運転したとして処分を受けています。
参照:酒気帯び運転の航空自隊員3人に停職3か月の懲戒処分(沖縄 NEWS WEB(2023年3月7日))より。

2023年5月には銀行行員が酒気帯び運転で現行犯逮捕されております。
参照:ゆうちょ銀行の行員が酒気帯び運転で現行犯逮捕 停車中の車に衝突(朝日新聞(2023年5月14))より。

令和元年には、飲酒運転根絶に関しての宣言も発表されておられます。
実は糸満市は飲酒運転での検挙数が沖縄県内でかなり高いとのこと。
「多量飲酒を慎み、適正飲酒を心がける」
「酒を飲んだら運転しない」
「運転するなら酒を飲まない」
「運転する人には酒を勧めない」などを実施することを誓いとされています。
参照:飲酒運転根絶に関する宣言決議(令和元年12月)より。
糸満市では約30社を超える運転代行業者様が活動されておられますので、お酒を飲んでしまって運転ができなくなった方は、迷わず電話をするようにしてくださいね。
一人一人が意識をし、飲酒運転による事故を未然に防ぐようにしましょうね。

代行ナビアプリ

代行ナビをもっと手軽に