1. 代行ナビ
  2. 宮崎県
  3. 都城市

都城市エリアの運転代行一覧(おすすめ順)

  • 18時~
    初乗り
    1km まで 1600円
    追加
    1km ごとに 200円
    その他
    初乗り料金 1600円、以降 1km ごとに 200円  ※ 別途消費税を頂いております。
    • インボイス対応
    • CASH
    • VISA
    • MASTER
    • JCB
    • AMEX
    • DINERS
    • PayPay
    電話をかける

    「代行ナビを見た」とお伝えください

    • 2024/01/23インボイス制度対応しております。インボイス制度対応しております。
      各種カード、PayPay、タクシーチケット宮崎信販 JCB

都城市の運転代行料金の目安

都城市の基本料金(目安)

初乗り料金 1Kmまで、1,500円
追加料金 1Kmごと、200円

距離による料金

2Kmまで 1,700円
5Kmまで 2,300円
7Kmまで 2,700円
10Kmまで 3,300円
15Kmまで 4,300円
20Kmまで 5,300円
25Kmまで 6,300円

繁華街からの目安料金

※高速道路を利用する場合、別途料金がかかる場合がございます。予めご確認くださいませ。
牟田町から姫城町までの代行料金 1,700円 (約2.0km)
牟田町から上東町までの代行料金 1,900円 (約2.5km)
牟田町から北原町までの代行料金 1,700円 (約2.0km)
牟田町から千町までの代行料金 2,100円 (約3.5km)
牟田町から都原町までの代行料金 2,100円 (約3.5km)

都城市の運転代行コラム

◼︎都城市の特徴

都城市は宮崎県の南西部に位置し、温暖な気候で過ごしやすい都市と言われています。
人口は16万人を超えており、県内で2番目に人口が多い拠点都市です。
都市部もありながら、自然豊かなスローライフを送ることができることから魅力たっぷり楽しむことができます。
畜産物が盛んで、宮崎牛は口蹄疫を乗り越えた後も何度も日本一に輝いています。
また、全国的にも有名な霧島酒造の蔵もあり、お酒を楽しむのに持ってこい!な街です。

都城市は、車社会です。
どこへ行くにも車が無いと不便な街です。
令和元年のチラシでありますが、都城市は飲酒運転根絶に大変力を入れて取り組んでいます。
そのため、あまり大きく飲酒運転のニュースが目立つことも無いようにみられます。

都城市の運転代行利用者コラム

◼︎運転代行が利用される理由

運転代行とは、外出時に乗っていた車の運転が困難になった場合に、その運転手に代わって目的地まで運転をしてくれるサービスの事です。
最近では、居酒屋などで運転代行の広告を目にする機会が増えてきています。
では、どのような人が利用するのでしょうか?
よく知られているのは、お酒を飲んだ時です。
または、外出先で急に体調を崩してしまって車の運転に不安がある時などに利用されます。

お酒を飲みに行くだけの場合には、タクシーを利用する人が多いのが現状です。
運転代行が便利なのは、飲み会の前に他の用事があったり、急な呼び出しで接待が入ったりと車で行かなければいけない時です。
そんな時、タクシーだと車を置いて帰らなければいけません。
しかし運転代行なら自宅まで車も人も運んでくれるので、後日車を取りに行く手間もかかりません。
なおかつ次の日には車に乗れるので、車がなく出勤などに困ることもありません。

運転代行の料金がタクシーに比べ高いイメージがありますが、乗り方によっては変わらない値段か安い値段で利用することができます。
タクシーだと行とき帰りの料金がかかってしまいますが、帰りだけ運転代行を利用しても結果的には変わらない値段で利用することもできます。
また、車を置いておく駐車場の料金を考えると、運転代行の方がお得になる場合があります。
何より、お酒を飲んでしまったり、体調がすぐれない時に事故を起こさないことが大切です。
運転代行は都城市はもちろん全国で受けることができるサービスです。
困った時は、代行ナビで検索するのも一つの手ですね。

都城市の他エリアを検索

代行ナビアプリ

代行ナビをもっと手軽に