1. 代行ナビ
  2. 青森県
  3. 青森市

青森市エリアの運転代行一覧(おすすめ順)

  • 月曜日~木曜日➡️19:00~2:30  金曜日・土曜日➡️19:00~3:00  最終受付15分前まで お休み⇒日曜日
    初乗り
    1200円/0.9㎞まで
    追加
    200円/1㎞ごと加算
    • 2024/04/13桜まつりがはじまりましたね今年は桜まつりが例年よりも早めにスタートしましたね????
      前日までの予約のみになりますが、お花見で飲酒される方向けの、お昼の代行も開始になります❗️
      青森市内でのお花見期間が終わる、4月29日までの限定になりますので、宜しくお願い致します
  • 19:00~5:00
    料金
    2.9kmまで1100円、以降1kmごとに200円
  • 月〜土:20:00〜05:00(最終受付04:30)/祝日:20:00〜04:00(最終受付03:30) /定休日:日曜日
    初乗り
    3.0kmまで1400円
    追加
    3.0km以降1kmごとに200円

青森市の運転代行料金の目安

青森市の基本料金(目安)

初乗り料金 3Kmまで、1,400円
追加料金 1Kmごと、200円

距離による料金

2Kmまで 1,400円
5Kmまで 1,800円
7Kmまで 2,200円
10Kmまで 2,800円
15Kmまで 3,800円
20Kmまで 4,800円
25Kmまで 5,800円

繁華街からの目安料金

※高速道路を利用する場合、別途料金がかかる場合がございます。予めご確認くださいませ。
青森駅から合浦公園までの代行料金 1,600円 (約3.5km)
青森駅から青森大学までの代行料金 2,600円 (約8.5km)
青森駅から国際芸術センター青森までの代行料金 3,000円 (約11.0km)
青森駅から青森慈恵会病院までの代行料金 2,200円 (約7.0km)
青森駅から青森慈恵会病院までの代行料金 1,600円 (約4.0km)

青森市の運転代行コラム

◼︎お祭りだけじゃない青森市

青森県のほぼ中央に位置し、県庁所在地です。
人口は県内トップの約28万人で面積はむつ市についで二番目の広さです。
青森といえばりんごのイメージが強いですが、実はカシスの生産量が日本一!

もちろん忘れてはいけないのが「青森ねぶた祭」
高さ5mにも及ぶ巨大なねぶたと、その周囲を踊り子が踊る姿は圧巻!
ハネトの衣装を着用すれば一般の方も参加可能とのこと。
人生で一度は参加してみたいですね!

おすすめ観光スポット

・ねぶたの家 ワ・ラッセ
・三内丸山遺跡
・昭和大仏(青銅大日如来像)
・酸ヶ湯温泉etc.

◼︎飲酒運転のあれこれ

青森県は全国的にも男女共に飲酒習慣のある者が多い傾向です。
男性が、40.2%(全国:33.0%)、女性は 8.8%(全国:8.6%)
更に飲酒量も男性は全国1位、女性も上位に入るという多飲酒県!
青森市は青森県内でも車の保有数がトップで完全な車社会です。
青森県では『「なにで来た?」 乾杯前の 合言葉』を年間スローガンに掲げ飲酒運転根絶を目指しています。

青森市内で営業されている業者さんは23社あります。
あなたの今後のためにも、飲んだら乗らない!を実行するためにもぜひ代行ナビを活用ください。

青森市の運転代行利用者コラム

◼︎飲み会運転代行を毎月利用しています

青森市内にある自宅から会社までが公共交通機関では不便なところにあるので、車で通勤しています。
車通勤は便利な反面、会社の飲み会のときなど車の扱いに困ります。。
以前はコインパーキングに1日停めていたんですが、運転代行を知ってからは毎回利用しています。

車で行かない時は、お酒を飲んだ後はタクシーを利用していたんですが、タクシー代もばかにならないですし、料金を調べてみると、タクシーを利用するよりもわずかではありますが、運転代行の方が安かったです。
わずかでも多く利用すればちりも積もればで大きくなります。
自分の車をコインパーキングに停めっぱなしにしておくといろいろ不安になることもありますが、運転代行は自分の車を運転して自宅に運んでもらえるので、置きっぱなしで車上荒らしを心配する必要もなくなりました。
運転代行は単に自宅まで送り届けてくれるだけのサービスではなく、車の扱いも丁寧だし安全運転してくれますし、いろいろと会話してコミュニケーションも取ってくれます。
タクシーよりも断然行き届いていて快適に利用できます。
眠いときや飲みすぎて気分が悪いときもこちらの状況をさりげなく悟って静かにしてくれたり臨機応変なのも良いところだと感じました。
平日の月~木であれば電話すればすぐ来てくれますが、金曜日は利用者が多いせいか少し時間がかかるのがデメリットでしょうか。
運転代行会社によってはドライバーの性別指定もできるので、私はよく女性に来ていただくようにお願いしています。
青森市内にも多くの運転代行業者がありますので、ぜひ自分にあう業者を見つけてみてはいかがでしょうか?

◼︎この前乗った青森市の代行の話

よく利用するショットバーには、お得意さまの運転代行サービス会社があります。
先日女子会をして、みんなお酒が入っていたので運転代行さんを呼びました。
私の車は可愛い軽自動車でいかにも女の子が乗っているという車なのですが、わたしのその可愛い車を運転してくれたのはとってもいかついお兄ちゃんでした。
きっとこのお兄ちゃんは代行業者に勤めていなかったらこんな車に一生乗ることもないんだろうなと考えちゃいました。
もちろん、私の車にこんないかついお兄ちゃんが乗ったこともないので酔っ払った頭でいろいろな出会いがあるんだなと考えちゃいました。
この青森市の代行業社さんの運転は非常に上手だったので、隣で眠くなってしまいました。 私はタクシーの運転手と話すのも苦手なので、この代行のお兄ちゃんともお話ができませんでした。
でも良く考えてみるとタクシーの運転手はサービス業的な一面があるけれども、代行さんはあんまりお客さんと話すイメージはないですよね。
しかも乗せる客はほぼ100パーセントお酒を飲んだお客さんですし。
でも、みんながお酒を飲んでいる中、運転を変わってくれるなんて商売の一つとはいえ、偉いなと思い最後はお釣りをチップで渡しました。

◼︎青森市では運転代行業者のニーズが高まってきている

仕事やプライベートなどの付き合いでお酒の席に誘われることがあります。
当初は車を運転して帰る予定だったので、顔出すだけのつもりでお酒の席に車で行って、結局はお酒を飲んでしまう場合があります。

「まだ少ししか飲んでないし、検問で飲酒量のチェックをしても検出されないかも?」と考えて運転をする選択をすると、取り返しの付かないことになってしまう可能性があります。
車の破損だけでなく、人の命が関わってくる可能性があるので、飲酒運転だけは絶対に避けなければいけません。
この場合選択肢はいくつかありますが、自分と車が自宅まで移動する手段として、最もベストな選択は運転代行を依頼する方法です。
特に青森市では、車での移動が多いため、運転代行という選択肢がいいのではないでしょうか?

車を置いてタクシーで帰ってしまうと、翌日にまた車を取りに来るために乗り物の費用と時間をかけてしまいます。
それよりも、運転代行に依頼する事によって少しの待ち時間で問題が解決する可能性が高いのです。
運転代行は、代行スタッフが依頼者の車を運転し、依頼者は随伴する運転代行の車両に乗車します。
自宅に到着した時には、車庫入れまでスタッフがやってくれます。
そして翌朝には、通常通りマイカーに乗車して出勤ができる状態になります。

飲酒運転撲滅のキャンペーンで、飲酒による事故を回避するための意識が高まるとともに、運転代行のニーズも次第に高まってきています。
青森市でも居酒屋などの駐車場付近には、常に待機している運転代行業者がいたり、お店のスタッフに問い合わせると運転代行業者を呼んでくれるお店も多いのです。

青森市の他エリアを検索

代行ナビアプリ

代行ナビをもっと手軽に